地域密着型の薬局を目指し、日々努力しております。

大野田 オレンジ薬局

【宮城県仙台市太白区】

大野田 オレンジ薬局さんの日記

スパイスと漢方その16

カテゴリー:
日記

みなさんこんにちは、いまいメディカルグループの桜井です。
 
インフルエンザも花粉症の時期も終わるほどすっかり間を空けてしましました(;^ω^)
皆さま寒暖差等で体調崩したりしていないでしょうか。
 
さて、今まで生薬でもある食材を紹介してきましたが
ナゼにそんなに食材と健康が漢方と密接なのか気になりませんか?
 
漢方はもともと中医学から日本で独自に発展してきました。
(呼び方や歴史については複雑なのでまたの機会にご説明いたします)
中医学は自然と人間とのかかわりを基本骨格として発展した経緯があり、
基本となる考え方に陰陽五行論があります。
その中で「五行説」を詳しくお話ししたいと思います。
 
五行説とは
万物を木・火・土・金・水の5つの要素に分類し、それらの関係を説いた理論です。
この5つはお互いが助けられたり(相生:そうせい)抑えられたり(相克:そうこく)してバランスを保っています。
 
http://www.kotaro.co.jp/kampo/kiso/kampo_gogyo.html参照
 
「相生」:相手を生み育てる関係です。五行では木→火→土→金→水という流れを持ちま   す。
木が燃えて火がおき、火からできる灰が土を肥やし、土から鉱物(金)が生まれ、鉱脈から水が湧き出て、その水は木を育てるイメージ。
 
「相克」とは相手を抑制する関係です。それは、「相生」の流れにおいて一つ飛ばした木→土→水→火→金という順に関係しています。
木は土から養分を吸収し、土は土手として水の氾濫を抑え、水は火を消し、火は金を溶かし、金属でできた刃物は木を切り倒すイメージ。
 
働きの弱まったものは相生関係で助け、強すぎるものは相克関係で抑制しコントロールしています。
木を例にとりますと、水に励まされながら火を鼓舞し、金にけん制されながら土を干渉しています。
強すぎることも弱すぎることもなく、他の4つも同様にして五行のバランスは保たれています。
 
さて、これがどのように人に関係していくのか、また食事と関係していくのかはまた次回お話ししたいと思います。
 
仙台で薬局探すなら、いまいメディカルグループ(いまいメディカルサポート株式会社、株式会社メディチェーン,メディカルワーク株式会社)
http://www.imai-medicalsupport.jp
(宮城県,仙台,薬剤師,調剤事務,求人,薬局,調剤薬局,青葉区,宮城野区,太白区,若林区,名取市,柴田)

 

()人がクリックしました。

本日のきもち 未設定です 本日の天気 未設定です
2018年06月06日 09:41 コメント (0)

ぜひコメントしてください

の項目は必ずご記入ください

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

こちらの画像に書かれた文字を半角でご入力ください。

※投稿されたコメントは管理者のチェックを経たのち表示されます。


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

各カテゴリーの日記

各月の日記

Meronひろば

Meronポータルサイトの健康情報をお知らせ!

このページを共有する >